イメージ画像

バストアップサプリメントで失敗しない為には?

バストアップ専用のサプリメントを飲んでいるのに、一向に大きくならないという声をよく耳にします。 なぜサプリメントを飲んでいるのに大きくならないのかというと、いくつか原因が考えられます。

まず、バストアップサプリメントを販売している商品ページを見るとわかりますが、ほとんどの商品は『飲み方』が記載されていません。なぜならサプリメントは医薬品ではなく食品として取り扱われているからです。
バストアップサプリメントの人気ランキング!

病院で診察を受けると、お医者様が処方箋を出してくれますよね。 処方箋を薬局に出すことで薬を受け取ることができ、その時に薬剤師さんから「1日2回、1回3錠、食後に飲んで下さいね」といった感じで飲み方を指導もらった経験があると思います。

これを用法用量と言うのですが、サプリメントは薬事法により『医薬品的な表示』=『用法用量の表示』が禁止されています。

先程も説明したように、サプリメントは医薬品ではなく食品なので、日本では用法用量を表示してはいけない決まりになっていますが、アメリカではDSHEAという法律により、サプリメントを『食品と医薬品の間のもの』と定められています。 国によって事情が違うと覚えておきましょう。
国立病院機構あきた病院

また、サプリメントを選ぶ時には、配合されている成分に注目することが大切です。 サプリメントが入っている箱や袋の裏に成分が記載されているのでチェックしてみましょう。

サプリメントは食事では足りない栄養を補える健康補助食品です。 中にはバストアップとは無関係な成分の割合が高いサプリメントも存在しているので注意して下さい。

サプリメントの選び方のコツですが、初心者の方はいきなり女性ホルモンに作用するものではなく、色んな成分が入っているサプリメントを利用して、体作りを始めることをオススメします。

ホルモンバランスが乱れている方は女性ホルモンを活発にさせるサプリメントを摂取するといいでしょう。 サプリメントは便利な存在ですが、食生活の乱れや運動不足には気を付けて下さいね。

キャベツのバストアップ効果を最大限に得る方法とは

健康対策だけでなく美容も食事の栄養バランスが重要なカギになってきます。 好きなものだけを食べているだけでは、栄養をしっかり摂ることができません。

バストアップも例外ではなく、食事から摂取する栄養が不可欠なので、バストを大きくしたいのであれば食生活を見直しましょう。 特に成長期の食生活がバストの大きさを左右すると言われていますが、成長期を過ぎた大人も食事に気を付けるだけでバストアップ効果が期待できます。

バストを大きくするのに適している食材を意識して取り入れるといいでしょう。

実は、スーパーでお馴染みのキャベツもバストアップに適した食材です。 キャベツには女性ホルモンである『エストロゲン』を活発にさせる『ボロン』という成分が含まれています。

エストロゲンは胸が大きくなる仕組みに欠かせない女性ホルモンなので、バストアップを図るならエストロゲンの働きを促進させなくてはいけません。

エストロゲンの分泌量が多くなると乳腺が刺激されて胸の脂肪が増加し、バストアップに繋がります。 バストの大部分は脂肪で出来ているので、バストを大きくしたいなら脂肪の量を増やすことが大切です。

キャベツはお肉などと一緒に炒めたり、温サラダにしたり、千切りにして生のまま食べたり…と食べ方が豊富ですよね。 しかし、ボロンの効果を得る為には食べ方に気を付けなくてはいけません。

ボロンは熱に弱い性質があるので、バストアップの為にも生で食べることをおすすめします。 キャベツは入手しやすい野菜ですし、色んな食材と相性がいいので、すぐにでも取り入れられるかと思います。

ちなみに、ボロンはサプリメントでも摂取できますが、できるだけ食事から摂るようにしたいものです。 なぜならサプリメントは『栄養を補助するもの』であり、一番大切なのは食事です。

サプリメントを摂っているからといって食生活が乱れていては意味がありません。 健康と美容、そしてバストアップの為にも食事から栄養をたっぷり摂っていきましょう。

若々しく大きなバストを目指すならビタミン類がオススメ!

健康的な身体や美しい肌の為にも、栄養をしっかり摂らなくてはいけませんが、食生活とバストアップも密接な関係にあるのをご存じでしょうか。 食生活が乱れがちだからといってサプリメントに頼りっぱなしだという人も多いと思いますが、やっぱり食事から栄養を摂取することが大切です。

よく耳にする『ビタミン』もバストアップに必要な栄養です。 野菜や果物だけでなく、玄米や白米などのお米やお肉にも含まれています。

「体が怠いなぁ」と感じる時はなんとなく「ビタミンを摂ったほうがいいのかな」と思うことがありますが、これはビタミンは疲れを癒す効果が期待できるからです。 ビタミンは身体にとっても大切な栄養素なので、しっかり摂っていきましょう。

中でも意識して摂りたいのが『ビタミンB群』です。 疲れを癒してくれるだけでなく、バストアップ効果も期待できるので、摂らない手はありません。

なぜバストアップ効果が期待できるのかというと、ビタミンB6はバストアップに欠かせない女性ホルモンである『エストロゲン』の活性を促進させる効果があるからです。 どんな食材からビタミンB6が摂取できるのかというと、バナナや鶏肉といった私達にとって身近なものから手軽に摂取できます。 しかも鶏肉は、胸を支える筋肉を形成する為に必要な動物性たんぱく質も含まれているので、積極的に取り入れたいところです。

また、血液の流れを促進させる働きがあるビタミンB1や、粘膜や皮膚を正常に保つ為に必要なビタミンB2も摂取するといいでしょう。 ビタミンB1はお米や大豆、豚肉に多く含まれています。 ビタミンB2は牛乳や卵、人参、ほうれん草から摂取できますよ。

他にも、ハリのあるバストにはビタミンAが欠かせませんし、バストのエイジングケアにはビタミンCが最適です。 ビタミンEは女性ホルモンのバランスをコントロールする働きがあり、ビタミンA・C・Eはいずれも人参やカボチャなどの緑黄色野菜に含まれています。

いつものお菓子をナッツ類に替えてバストアップ!

休み時間や自宅でリラックスしている時、ついついお菓子を食べてしまう…っていうことはありませんか。 少量なら問題ありませんが、食べ過ぎてしまうとカロリー過多や栄養の偏り、太る原因などに繋がるので、気を付けなくてはいけません。

また、何を食べるかによって美容だけでなく健康も蝕むことになりかねません。 体の調子が不安定になったり、肌荒れを引き起こしたり、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう恐れもあるので、栄養バランスには気を付けたいところです。

女性ホルモンが不安定になるとニキビができたり肌が荒れたり、月経不順になる等、体のいろんなところに不調が発生します。 バストアップの妨げにもなるので、胸を大きくしたいならば女性ホルモンのバランスが整った状態をキープしなくてはいけません。

とはいっても、お菓子は時に勉強や仕事の疲れを癒してくれるので、お菓子を止めるなんて無理!という人もいるのでは。 そんな方にオススメなのが『ナッツ類』です。

ピーナッツやクルミ、ピスタチオ、カシューナッツ、アーモンドなどのナッツ類にはボロンという成分がたっぷり含まれています。 ボロンは女性ホルモンである『エストロゲン』を活性化させる働きがあり、エストロゲンの分泌が盛んになることで乳腺が発達し、胸の脂肪を増加できます。

ハリのあるバストやバストアップには女性ホルモンの分泌が不可欠なので、ナッツ類から効率よくボロンを摂取してはいかがでしょう。 思春期を過ぎ、大人になってからもバストを大きくしたいなら、女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。 ボロンの力を借りれば今より効果的にバストアップできるかもしれません。 また、アーモンドやピーナッツの皮にはポリフェノールが含まれているので、抗酸化作用による若返り効果も期待できます。 さらにビタミンやたんぱく質、ミネラルなどのバストアップに欠かせない成分も同時に摂取できるので、間食が止められない方はいつものお菓子をナッツ類に替えてみて下さいね。

このページの先頭へ